漢方薬局 薬剤師に転職【求人・募集さがし】

漢方薬局の薬剤師求人を探す際に利用したい転職サイト・人材紹介会社をご紹介します。

漢方知識を活かす薬剤師として仕事したい

まずは薬剤師紹介会社への登録から

漢方知識を活かす薬剤師として仕事をするには、漢方専門薬局の求人検索から始めると良いでしょう。仕事探しのタイミングによっては、スムーズに漢方薬局が見つかることもありますし、すぐに求人が見つからなくても、一旦紹介会社へ会員登録を行えば、

の求人紹介を受けられる可能性がありますよ。

すでに漢方知識を習得済み、実務経験も豊富なら、好条件で働けるかもしれませんね。その辺りはあなたが希望する就業地によっても変わりますし、雇用形態によっても変わります。

たとえば東京や大阪のような漢方専門薬局、漢方相談薬局が豊富なエリアなら、好条件の薬剤師求人に巡り合える確率も高くなりますが、漢方薬局が少ない地域は募集も少ないでしょうし、好条件の案件も見つけづらいかもしれません。

基本的に漢方専門薬局は、「通常の薬局と比較して年収が低い(平均年収400万前後)」と言われていますので、少ない求人を狙って転職活動を行うことになるでしょう。

もちろん薬剤師業界は人手不足で売り手市場ですから、定員1名の漢方薬局求人に50~100名が応募する状況は考えづらいです。しかし普通の調剤薬局、ドラッグストアと比較すれば、応募者数は増えるのではないでしょうか。

特に正社員求人は人気が高いので、漢方薬剤師としての知識と経験がポイントになりますね。

漢方の知識を積極的にPRしましょう

漢方自体は未経験でも、一般的な調剤薬局の勤務経験が長かったり、医療用漢方を扱う調剤薬局で働いた経験があれば、比較的スムーズに中途採用されるかもしれません。

最も自己アピールしやすいのは、薬剤師が選んだ一般用漢方を扱う専門薬局の経験ですね。もしくは医療用漢方と一般用漢方を扱う薬局で身に付けたスキルとキャリアも、面接時にPRしやすいですよ。

実務経験と知識(漢方薬・生薬認定薬剤師資格など)の両方があれば、漢方薬局の採用担当者としても…

「今回の薬剤師さんは漢方に関する専門知識がありそうだな。即戦力で活躍してもらえるかも」

と考えることが多いんですよね。

もし現在、あなたに実務経験がない場合でも、漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得していれば印象は良くなると思います。私も以前、採用担当の仕事をしていましたが、未経験でも関連資格を取得している志願者は好印象でしたね。

もし資格取得前でも、履歴書の自己PR欄に

「漢方薬・生薬認定薬剤師の勉強を行っています」

と記載することで、一定の評価を得られるケースもありますよ。資格以外でも漢方知識が豊富なら、積極的にアピールしても良いですね。

その辺りの詳細に関しては、ぜひ薬剤師紹介会社に相談されてみて下さい。紹介会社は無料で利用できますし、最新の薬剤師求人動向、漢方薬局で働くために必要な事柄を教えてもらえると思います。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら