漢方薬局 薬剤師に転職【求人・募集さがし】

漢方薬局の薬剤師求人を探す際に利用したい転職サイト・人材紹介会社をご紹介します。

漢方薬局 仕事内容

漢方相談・カウンセリング業務

漢方薬局における薬剤師の仕事内容・役割についてお伝えします。漢方薬局の仕事は大きく以下に分かれますね。

まず漢方相談ですが、薬局に訪れる患者さんの相談に乗り、診断までが仕事の範疇に含まれます。患者さんに問診票を記載して頂いた後、症状について尋ねることになりますね。

症状の原因を生活習慣から探っていくことが、漢方以外の調剤薬局や病院と異なる点と言えるでしょうか。東洋医学は「身体の根本から治癒力を高めること」がテーマとなっていますので、問診票を元に相談・カウンセリングを行うことが非常に大切と言われていますね。

そのため漢方薬剤師としてコミュニケーション力が重要になります。病院やドラッグストアでも患者さん、お客さんとのコミュニケーションが大切ですが、漢方薬局はそれ以上に大切となるでしょう。

漢方薬局の調剤業務について

次に調剤業務ですが、漢方薬局は生薬が中心となります。そして生薬の調剤を行うには『漢方薬・生薬認定薬剤師』の資格を取得する必要があるんですよね。

病院の処方箋通りなら薬剤師の資格だけで良いですが、漢方生薬の調剤には『漢方薬・生薬認定薬剤師』が要りますので、取得を目指すと良いでしょう。

『漢方薬・生薬認定薬剤師』は薬剤師資格者を対象としていて、日本薬剤師研修センターと日本製薬学会の研修を受けることになります。その後に更新する必要もありますので、詳細は問い合わせてみて下さい。

ただし漢方薬局への転職を行う段階では「薬剤師資格があれば可」「漢方未経験可」としている薬局も多いですね。『漢方薬・生薬認定薬剤師』はまだまだ数が少ないですし、まずは漢方薬局で働いて知識と経験を積んだ後、改めて資格取得を目指すことが一般的かもしれません。

今後『漢方薬・生薬認定薬剤師』の取得者が増えて、同時に漢方薬局への転職を考える薬剤師が増えれば、未経験からの転職は難しくなるかもしれませんが、2015年現在は上記のような状況と言えるでしょう。

漢方薬は西洋薬として比較して効果が緩やかと言われていますが、中には即効性のある処方を行うこともあります。また生薬によっては患者さんの体調に合わない、副作用が生じることがありますので、漢方生薬の調剤を行う際は『漢方薬・生薬認定薬剤師』の資格が必要とされているのでしょうか。

まずは薬剤師紹介会社に無料登録して、漢方薬局の求人募集を探してみて下さい。一般的な薬局、ドラッグストアと比較して求人数は少なくなりますが、東京や大阪、横浜、名古屋のような人口の多い都市を中心に、早期に求人案件が見つかることもありますね。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら